Rust をインストールする

2021/01/07

インストール

以下のページにあるコマンドを実行する

https://rustup.rs

その時に nightly beta stable を選択するが、M1 Mac の場合は beta を選択する必要があった。

しかし以下のように stable でも 1.49.0 がリリースされていたので、 もう stable を選ぶだけで良い。

 stable-aarch64-apple-darwin installed - rustc 1.49.0 (e1884a8e3 2020-12-29)

上記の切り替えは rustup を使って、以下のように行うことができる。

rustup default stable

エディタ

以下のページに各種エディタの Rust サポート状況がまとめられている。

https://areweideyet.com

VS Code が無難そうなので、それを使うことにした。

ツールチェイン

Rust のツールチェインは、上記の rustup がまとめてインストールしてくれる。

具体的には以下で出てくるパッケージ管理に使う Cargo などがそれに当たる。

他にも rustc のようなコンパイラもそれに当たると思う。

パッケージ

プログラムに必要なパッケージは、 Cargo と呼ばれるパッケージ管理システムを使ってインストールする。

例えば cargo-edit を入れるには

cargo add cargo-edit

になる。


Tags
  • Rust